障害・メンテナンス情報

6月19日より一部のお客様で発生している高負荷障害に関するお詫びとお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2018年6月19日(火)より発生しております当社一部サービスでの高負荷障害につきまして、ご利用のお客様には長期間にわたり大変ご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

現在、高負荷障害が発生しているクラウド基盤を提供・管理しているヤフー株式会社と連絡を密に取りながら、復旧にむけた対策を実施しております。 ご利用中のお客様には大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、障害対策の完了までお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

以下に、発生している事象や当社での対応内容について、現在までに確認できている内容をご報告いたしますので、ご確認くださいますようお願いいたします。

本障害に関するプレスリリースを配信いたしました。

障害の原因

2018年7月3日時点で判明している障害の原因は、以下のとおりです。

  • 冗長構成しているストレージシステム(データ記憶システム)において、データ入出力の処理が一部のシステムに偏ったことにより、高負荷が発生。該当ストレージシステムの再起動が発生し、サービスが断続的に利用できない状態が発生しました。
  • データ入出力の処理が一部のストレージシステムに偏るのは、以下の点が原因と推測しております。
    1. 突発的なアクセス集中が発生した際のパフォーマンス不足
    2. ストレージシステム構築時のパラメーター設定が適切でない

実施済み対策と今後の対策

現在、障害対象のクラウド基盤を提供・管理しているヤフー株式会社とともに復旧にむけた対策に全力を尽くすとともに、高負荷が再発した際には、ストレージシステムの増強、ならびにパラメーター変更(設定の最適化)等の緊急メンテナンスを順次行う予定でございます。

長期間にわたる障害となり、お客様に大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、障害の原因、ならびに今後の対応策についてわかり次第、本ページ等でご案内いたしますので、恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。