基盤変更メンテナンス新しい基盤システムについて

新しい基盤システムについて

新しいサーバーには可用性と耐久性に優れた「IDCFクラウド」の基盤システムを採用します。
WEBサイトの表示やメール送受信時の処理速度が向上するだけでなく、万が一の障害発生時にも自動的に復旧する機能を搭載しています。
本メンテナンスによって新しい基盤システムへ変更いたしますが、サーバーに保存されているお客様データや設定はそのまま引き継がれます。
また、ご契約内容やご利用料金の変更はございません。(※1)

  現在のサーバー(メンテナンス前) 新しいサーバー(メンテナンス後)
サーバー構成のイメージ
シリーズ名 変更なし 契約期間や契約状態、お支払い方法など、すべての契約内容が引き継がれます。
現在ご利用のシリーズ(プラン名)等は『Zenlogicカスタマーポータル』から確認が可能です。
メンテナンス対象契約の確認方法」をご確認ください。
CPU / メモリ
利用料金
契約内容
提供機能 変更なし 現在と同じ機能がそのままご利用いただけます。
標準ドメイン名(※2)
SLA保障値 変更なし (稼働率が「99.5%」を下回る場合:30%)
基盤提供元 Yahoo! JAPAN IDCフロンティア
ストレージ仕様 非公開 SSD(※3)
システム構成 シングル HA構成(※4)
サーバーIPアドレス 変更あり(※5)

(※1) 基盤システムの変更により、採用されているテクノロジーには一部変更がございます。

(※2) 標準ドメイン名は『カスタマーポータル』 > コントロールパネル > サーバー情報から確認が可能です。

(※3) 一般的なHDD(ハードディスク)と比較して、SSD(ソリッドステートドライブ)は処理能力が高く耐久性に優れています。

(※4) 高可用性を実現するフェイルオーバー機能(障害発生時の自動復旧機能)を標準搭載しています。

(※5) 現在と同様、サーバー毎にグローバルIPアドレスを付与いたします。