基盤変更メンテナンスご注意事項

ご注意事項

すべてのお客様が対象

メンテナンス作業中はご契約サーバーが停止します

基盤変更メンテナンスは夜間に実施し、その間、ご契約サーバーは停止します。
停止時間は、ご利用のディスク容量などによってサーバー毎に異なります。
サーバーの停止時間は、メンテナンス実施日が決まり次第、『Zenlogicカスタマーポータル』よりご確認いただけます。
確認方法は、以下のページをご参照ください。
メンテナンス日時、サーバーIPアドレスの確認方法

なお、メンテナンス実施日の【1週間程度前から実施時間まで】の間、サーバー内のデータ更新を控えていただくことで、メンテナンスの時間を短縮できる可能性があります。
(新旧サーバーのデータ同期時間が短くなる場合があります。)
該当期間中は、大規模なデータ更新(WEBサイトのリニューアルや大量メールの送信)を控えていただくことをおすすめします。

メンテナンス完了後、旧サーバーは停止します

基盤変更メンテナンスの完了後、旧サーバーは停止しますのでアクセスすることはできません。

※旧サーバーからのデータ取得等はできません。

他社ネームサーバー(Zenlogic以外のネームサーバー)を利用中のお客様が対象

独自ドメイン名のDNSゾーン(Aレコード等)の変更が必要です

基盤変更メンテナンスによって「サーバーIPアドレス」が変更されますので、メンテナンス完了後、お客様にて独自ドメイン名のDNSゾーン(Aレコード等)の変更が必要です。

※DNSゾーンに設定されているIPアドレスを新しいサーバーのものへ変更されなかった場合、メンテナンス完了後、該当ドメイン名でWEBサイトの公開やメール送受信ができなくなります。

お客様にてDNSゾーン編集作業が困難な場合は、弊社で作業代行を承ります。(作業代行に費用は発生いたしません。)

弊社での作業代行をご希望の場合は、お手元に届いたメールおよび郵送物、もしくは以下のお申込み方法をご確認のうえ、メンテナンス実施日の【6日前】までにお申込みください。
DNSゾーン編集代行の申込み方法

作業代行には「DNSゾーン管理画面」のログイン情報のご提供が必要です。利用しているDNS(ネームサーバー)の管理画面をあらかじめご確認ください。

※Zenlogic以外のネームサーバーを利用されていた場合でも、2019年6月24日(月)までにZenlogic提供のネームサーバーに変更された場合は、弊社にて「DNSゾーン編集」を行います。

なお、Zenlogic以外のネームサーバーを利用されている場合でも、メンテナンス実施日の【6日前】までにZenlogic提供のネームサーバーに変更された場合は、弊社にて「DNSゾーン編集」を行います。(弊社へのご連絡やお客様でのお手続きは不要です。)

【Zenlogic提供のネームサーバーを利用している独自ドメイン名について】

メンテナンス完了後、弊社にてお客様ドメイン名の「DNSゾーン編集」を行います。
ただし、メンテナンス実施日までに、お客様にてZenlogic以外のネームサーバーに変更された独自ドメイン名は、弊社でのDNSゾーン編集の【対象外】となります。メンテナンス完了後、該当ドメイン名のDNSゾーンをお客様にてご変更ください。
ネームサーバーの利用状況確認方法

※「DNSゾーン編集代行」をご希望の場合は、お申込み方法をご案内いたしますので《Zenlogicサポートセンター》 までご連絡ください。

一部のお客様が対象

サーバーIPアドレスの設定変更が必要です

外部のWEBサービスや、社内のシステム、各種ソフトウェア等に「サーバーIPアドレス」を設定されている場合は、お客様にてIPアドレスの書き換え作業が必要です。

(サーバーIPアドレスが設定されている箇所の例)

  • ショッピングサイトのクレジットカード決済サービス
  • サーバー内で利用しているプログラムやWEBアプリケーション(各種グループウェア含む)
  • WEBページ内のリンク設定
  • パソコンやスマートフォンなどで利用されているメールソフトやFTPソフトなどの各種ソフトウェア
  • 社内ネットワークやシステム(セキュリティソフトや複合機の設定等など)
  • 送信先メールサーバーのホワイトリスト 等

[基盤変更メンテナンス] サーバーのIPアドレスが設定されている箇所について

IPアドレスが設定されている箇所を新しいサーバーのものへ変更されませんと、メンテナンス完了後、該当のサービスやシステムが利用できなくなります。

メンテナンス実施日の1ヶ月前までに新しいサーバーのIPアドレスをお知らせしますので、以下の点をご確認のうえ、お客様にてIPアドレスを設定されている箇所の変更をお願いいたします。

  • IPアドレスの設定変更が必要な箇所
  • 変更するタイミング
  • 変更方法

※ご利用サービスや社内システム等の詳細な設定方法は分かりかねますので、該当サービスの提供元やネットワーク管理者様へご確認ください。

※現在のサーバーIPアドレスは、『カスタマーポータル』よりご確認ください。
サーバー情報の確認

※サーバーIPアドレスを設定するサービス等を利用されていない場合は、本作業は不要です。

DNSキャッシュの影響を受ける可能性があります

ご利用の環境によっては、ネットワーク機器(ルーター)などに旧サーバーのIPアドレス情報が残ったままとなり、メンテナンス完了後も旧サーバーへ接続しようとする場合があります。
その場合は、キャッシュクリア(古い情報の削除)など、お客様でのご対応が必要です。

※ルーター等のキャッシュクリア方法は、ネットワーク管理者様へご確認ください。

送信先メールサーバーから配送を拒否されたり、迷惑メールと判断される可能性があります

基盤変更メンテナンスに伴ってメールサーバーのIPアドレスが変更されるため、送信先メールサーバーのセキュリティ設定等によっては、メンテナンス完了後からメール配送が拒否される可能性があります。

送信先サーバーの配送ポリシーや迷惑メール判定基準は分かりかねますので、メンテナンス完了後、特定の宛先へのメール配送が拒否されたり、迷惑メールと判断される場合は、新しいサーバーのIPアドレスを送信先サーバーのホワイトリストに追加いただくよう、送信先サーバーの管理者へご依頼ください。 送信先がGmailのサーバーの場合は、下記ページを参考に新しいサーバーのIPアドレスをホワイトリストに追加いただくようお手続きください。
Gmail で IP アドレスをホワイトリストに登録する

Zenlogic提供のSymantec Email Security.cloud/CDN をご利用中のお客様が対象

サービスの設定確認と変更が必要です

Symantec Email Security.cloud をご利用の場合は「配送サーバー」に、ZenlogicCDN をご利用の場合は「オリジンサーバー」にサーバーIPアドレスが設定されている場合は、設定変更が必要です。
ご利用サービスの管理画面にログインいただき、サーバーIPアドレスが設定されているかをご確認ください。

サーバーIPアドレスが設定されている場合は、メンテナンス実施日の1ヶ月前までに新しいサーバーのIPアドレスをお知らせしますので、お手元にお知らせが届きましたら、ご利用サービスの管理画面から新しいサーバーのIPアドレスを追加設定してください。

Symantec Email Security.cloud をご利用の場合 【ESS】Zenlogic基盤変更メンテナンスに伴う作業手順
ZenlogicCDNをご利用の場合 【CDN】Zenlogic基盤変更メンテナンスに伴う作業手順

お客様にて設定変更作業が困難な場合は、弊社で作業代行を承ります。
Symantec Email Security.cloud / ZenlogicCDNをご利用中のお客様へ、作業代行に関するご案内をお送りします。

弊社での作業代行をご希望の場合は、お手元に届いたメールをご確認のうえ、お早めにお申込みください。
なお、作業代行には、Symantec Email Security.cloud / ZenlogicCDNの管理画面のログイン情報をご提供いただく必要があります。あらかじめご了承ください。