WEBアプリケーションマニュアルCLIP MAIL インストール

掲載バージョン:CLIP MAIL 6.0 (2017年6月現在)

Zenlogicにメール送信フォーム「CLIP MAIL」をインストールする手順をご案内します。

FTPアカウントを登録する

CLIP MAILのインストール作業では、FTPでサーバーに接続する必要があります。
接続に必要なFTPアカウントを発行し、FTPソフトを設定します。

機能別マニュアル - FTPアカウントの設定

機能別マニュアル - FTPソフトの設定

ドメイン名/証明書を設定する

個人情報を取り扱う可能性の高いフォームを設置するWebサイトでは、高いセキュリティが求められます。
ドメイン名と同時に、SSLサーバー証明書もお申込み/設定しましょう。

機能別マニュアル - ドメインの設定

各種お手続き - SSLサーバー証明書関連のお手続き

機能別マニュアル - SSLサーバー証明書設定

※ 証明書は必須ではありませんが、無料のものもありますので、設置しておくことをおすすめします。

CLIP MAILを入手/設置する

CLIP MAILのプログラムを入手し、サーバーに設置します。

1提供元サイトにアクセス

提供元サイトのダウンロードページにアクセスし、ダウンロードのUTF-8版のアイコンをクリックします。

KENT-WEB CGI/Perl フリーソフト - CLIP-MAIL

提供元サイトにアクセス
2ダウンロードの開始

自動的にダウンロードが開始されます。
保存場所を指定してファイルを保存します。

3解凍とPerlのパスの修正

ファイルは圧縮ファイルで提供されていますので、対応ソフトで解凍します。
解凍したデータに含まれる以下の3つのファイルの冒頭のPerlのパスを以下のように書き換えます。

  • clipmail.cgi
  • admin.cgi
  • check.cgi
Perlのパスの修正対象ファイル
Perlのパスの修正位置
変更前 #!/usr/local/bin/perl
変更後 #!/usr/bin/perl
4アップロード

サーバーの「/htdocs/」以下のフォームを公開するディレクトリに、解凍時に作成されたディレクトリを丸ごとアップロードします。

アップロードしたディレクトリ名を必要に応じて変更します。

5属性(パーミッション)の変更

アップロードしたディレクトリの中で、以下のディレクトリ/ファイルのパーミッション(属性)を変更します。
「(設置ディレクトリ) 」とは、手順4でアップロードしたディレクトリのことです。

  • (設置ディレクトリ)/clipmail.cgi → 705
  • (設置ディレクトリ)/admin.cgi → 705
  • (設置ディレクトリ)/check.cgi → 705
  • (設置ディレクトリ)/init.cgi → 604
  • (設置ディレクトリ)/upl/ → 707

FTPソフト「FFFTP」では、対象ファイルを右クリック→「属性変更」を選択します。

属性(パーミッション)の変更

属性変更のウインドウで設定する属性にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。

属性(パーミッション)の変更
6プログラムにアクセス

「(WebサイトのURL)/(設置ディレクトリ)/index.html」にアクセスします。(「.cgi」ではありません)
以下のように、サンプルのフォームが表示されれば、設置が正常に完了しています。

プログラムにアクセス

以上でCLIP MAILの入手/設置は完了です。

CLIP MAILを設定する

CLIP MAILの詳細設定は、公式サイトをご参照ください。
動作などの各種設定は、「(設置ディレクトリ)/init.cgi」ファイルを編集する必要があります。

KENT-WEB CGI/Perl フリーソフト - CLIP-MAIL

※ プログラムの詳細や機能も、公式サイトをご参照ください。