ownCloud インストールSTEP1 サーバー設定編

掲載バージョン:ownCloud 10.0.9 (2018年9月現在)

ZenlogicにownCloudをインストールする手順をご案内します。
ownCloudをインストールするために、サーバーでさまざまな設定が必要です。

ownCloudのご利用にあたって

  • レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」でownCloudをご利用の場合、安定稼働させるため、「プラン2」より上位のコースをお申込みください。
  • ownCloudの「サーバーサイド暗号化」の機能を有効にすると、さまざまな処理に通常よりも時間がかかります。
    そのため、フォルダ内に大量のファイルがある場合や、ファイルサイズが大きい場合は、共有設定などでレスポンス低下が発生することがあります。ご利用の際はご注意ください。

ownCloudのURLを決定する

まずは、ownCloudを利用いただく際のURLを決定します。
本マニュアルの手順でインストールされた場合、以下のURLになります。

http(s)://お客様ドメイン名/owncloud/

※ Zenlogic提供の「標準ドメイン名」で、ownCloudを利用することも可能です。
その場合は、以下のURLになります。
https://標準ドメイン名/owncloud/

※ お客様ドメイン名の参照先がZenlogic以外の場合は、標準ドメイン名を利用したURLでインストール作業を行ってください。

※ 「http(s)://お客様ドメイン名/」などのURLでownCloudを利用したい場合は、ドキュメントルート(公開ディレクトリ)の変更が必要です。
後述の「ドメイン名を設定する」でドキュメントルートの変更を行ってください。

FTPアカウントを登録する

ownCloud のアプリケーションデータをFTP接続でサーバーにアップロードするため、FTPアカウントの登録と、FTPソフトの設定を行います。

機能別マニュアル - FTPアカウントの設定

機能別マニュアル - FTPソフトの設定

※ すでに登録されているFTPアカウントを利用される場合は、本作業は不要です。

ownCloudを入手する

ownCloudのインストール用プログラムを入手し、FTPでサーバーにアップロードします。

1ownCloud 公式サイトにアクセス

ownCloudの公式サイトにアクセスします。

ownCloud.org

2トップページからメニューを選択

ownCloud公式サイトの画面上部ナビゲーションメニューから、「Download」をクリックします。

ownCloud トップページからメニューを選択
3ダウンロードメニューを選択

ページ内の「Download Zip」ボタンをクリックし、デスクトップなど任意の場所にownCloudのデータを保存します。

ownCloud ダウンロードメニューを選択
4解凍/アップロード

ファイルは圧縮ファイルで提供されていますので、対応ソフトで解凍します。
FTPソフトを利用して、サーバーの「/virtual/htdocs/default/」ディレクトリ直下に解凍時に作成されたディレクトリを丸ごとアップロードします。

注意事項

ownCloudのデータは必ず【バイナリーモード】でアップロードしてください。

ドメイン名を設定する

お客様の独自ドメイン名でownCloudをご利用になる場合は、サーバーに独自ドメイン名の設定が必要です。

機能別マニュアル - ドメインの設定

※ 必ず「WEB機能」の項目は「利用する」を選択してください。

独自ドメイン名を設定すると、サーバーの「/virtual/htdocs/default/」以下に保存されたファイルが、ホームページとして公開されます。
ownCloudのURLを決定する」で、ownCloudのURLを「http(s)://お客様ドメイン名/」とした場合は、ドキュメントルートの変更が必要です。

機能別マニュアル - ドキュメントルートの設定

※ お客様ドメイン名のドキュメントルートを「/virtual/htdocs/default/[アップロードしたディレクトリ]/」に変更します。

※ サーバーに設定されているドメイン名やドキュメントルートの確認は、[カスタマーポータル] > コントロールパネル > WEB > WEBドメイン設定 にて確認できます。

SSLサーバー証明書を準備する

ownCloudを暗号化通信(https://から始まるURL)で利用する場合は、SSLサーバー証明書をお申込みください。

各種お手続き - SSLサーバー証明書関連のお手続き

「標準設定」以外のSSLサーバー証明書は、取得完了後、サーバーへの設定が必要です。

機能別マニュアル - SSLサーバー証明書設定

PHPのバージョンを切り替える

ownCloudの動作要件では、PHP5.4以降が推奨されています。
Zenlogicでご提供しているPHPのバージョン切り替え機能で「7.1系」または「5.6系」へ変更します。

機能別マニュアル - PHPのご利用にあたって

※ 同じサーバー上で運用しているownCloud以外のWEBコンテンツ(ホームページ等)に影響がなければ、PHP7.1への変更をおすすめします。