WordPress 引っ越しガイドSTEP1 事前準備編

掲載バージョン:WordPress 4.8 (2017年7月現在)

現在WordPressで公開しているサイトを別サーバーに引っ越し、乗換える場合、HTMLや画像だけで構成されているサイトとは異なり、ファイルの移動だけでは引っ越しできません。

プログラムやデータベースの移行などの作業が必要になります。

WordPressで構築されたサイトの引っ越しに必要な作業をご案内します。

※ 専用のプラグインなどもありますが、ここでは手作業で引っ越す方法をご案内します。

※ Zenlogicで標準提供している「MySQL 5.1」を利用した例です。

環境の確認

引っ越し前/後のサーバーで、以下の項目をご確認ください。

WordPress/プラグイン/テーマのバージョン

WordPressやプラグインなどの古いバージョンを使用していると、セキュリティ的な問題が発生する恐れがありますので、引っ越し前にすべて最新に更新しておいてください。

ドメイン名

引っ越しの際、サイトのドメイン名に変更があるかどうかご確認ください。
また、引っ越し後のサーバーで、乗り換え中などに使える仮のドメイン名がないかご確認ください。

※ レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、引っ越し中でも仮のドメイン名【標準ドメイン名】でサーバーをご利用いただけます。標準ドメイン名はコントロールパネルでご確認いただけます。

ルートからのパス

引っ越し前/後のサーバーで、サイトのデータの置き場所(=ルートからのパス)が異なると、引っ越しの際に設定変更が必要な場合があります。

【例】ファーストサーバのサービスのデータの置き場所

Zenlogicホスティング

/virtual/htdocs/default

※ 任意に変更可能です。

ファーストサーバの旧サービス

/virtual/www

データベース管理ツール「phpMyAdmin」

WordPressの記事などのデータの引っ越しのため、引っ越し前/後のサーバーでデータベース管理ツール「phpMyAdmin」が用意されているかご確認ください。

レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、簡単インストール機能をご提供しています。(MySQL 5.1に対応)

データベースのホスト名

WordPressがデータベースに接続するために、接続先のホスト名を指定する必要があります。
引っ越し前/後のサーバーでホスト名が異なる場合、WordPressの設定ファイルの記述変更が必要です。

【例】ファーストサーバのサービスのデータベースのホスト名

Zenlogicホスティング

127.0.0.1:(ポート番号)

ファーストサーバの旧サービス

共有サーバーの場合 = 127.0.0.1:(ポート番号)
専用サーバーの場合 = 127.0.0.1:3306

ファイルのダウンロード [引っ越し前のサーバー]

引っ越し前のサーバーにFTPソフトで接続し、現在WordPressで構築しているサイトのデータ(プログラムなども含むすべて)を、そのままの構成でお客様のパソコン上にダウンロードします。

データベースのエクスポート [引っ越し前のサーバー]

引っ越し前のサーバーで、MySQLデータベースのWordPressのデータをエクスポート(書き出し)します。
ここでは、データベース管理ツール「phpMyAdmin」でのエクスポート手順をご案内します。

1対象データベースの選択

引っ越し前のサーバーの「phpMyAdmin」にアクセスし、エクスポート対象のデータベースを選択します。

対象データベースの選択
2メニューの選択

対象のデータベースが開いたら、「エクスポート」メニューを選択します。

メニューの選択
3エクスポートの設定と実行

以下の各項目を選択/設定し、画面最下部の「実行」ボタンをクリックします。

※ これ以外の項目は、初期設定のままで問題ありません。

エクスポートの設定と実行

エクスポート方法

「詳細」を選択します。

テーブル

「全選択」をクリックします。

生成オプション

「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する」にチェックを入れます。

4エクスポート完了

エクスポートを実行すると、「(ファイル名).sql」というファイルがダウンロードされます。

サーバーの設定 [引っ越し後のサーバー]

引っ越し後のサーバーで、サイトを公開するための準備を行います。
レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」に引っ越す場合は、以下の項目の設定が必要です。

※ ローカル環境や他のサーバーをご利用の場合は適宜読み替えてください。

FTPアカウントを登録する

引っ越し作業では、FTPでサーバーに接続する必要があります。
接続に必要なFTPアカウントを発行し、FTPソフトを設定します。

機能別マニュアル - FTPアカウントの設定

機能別マニュアル - FTPソフトの設定

ファイルのアップロード

引っ越し後のサーバーの「/htdocs/default」ディレクトリ以下の任意の場所に、引っ越すサイト用のディレクトリを作成し、ダウンロードしたデータをアップロードします。

※ アップロードするディレクトリ名は必ずメモしておいてください。

ドメイン名/ドキュメントルートを設定する

お客様の独自ドメイン名をご利用の場合は、サーバーに独自ドメイン名の設定が必要です。
ドメイン名の設定と、そのドメイン名でメール/WEBを利用できるように設定します。

機能別マニュアル - ドメインの設定

また、引っ越すサイト用のファイルをアップロードしたディレクトリに対し、設定したドメイン名のドキュメントルートを設定します。

機能別マニュアル - WEBドメイン設定

データベースを起動する

レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」でデータベースをまだご利用でない場合は、MySQLの初期化/起動が必要です。

※ データベースの初期設定を行う際、「ポート番号」の変更は不要です。

機能別マニュアル - データベースの初期設定

データベース管理ツールを準備する

レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、「phpMyAdmin」(MySQL用)の簡単インストール機能をご提供していますのでご利用ください。

機能別マニュアル - phpMyAdmin の簡単インストール