機能別マニュアルデータベースのバックアップ

データベースのデータをすべてバックアップします。
バックアップされたデータはサーバー内のディレクトリに保存され、FTPでサーバーからダウンロード可能です。

※ データベースの種類/バージョンに関係なく、本ページでご案内している操作は同じです。

バックアップの取得手順

1カスタマーポータルにアクセス

Zenlogicカスタマーポータルにログインし、「コントロールパネル」メニューから対象のサービスを選択します。

カスタマーポータル ログイン

カスタマーポータルにアクセス
2メニューを選択

「データベース」→ ご利用になるデータベースのメニューをクリックします。

メニューを選択
3バックアップの実行

「バックアップ」の「バックアップの実行」ボタンをクリックします。

メニューを選択
4実行確認

確認メッセージが表示されますので、問題なければ「実行」ボタンをクリックします。

メニューを選択
5バックアップ完了

バックアップが正常に行われると、完了メッセージが表示されます。

バックアップ完了
6バックアップファイルの取得

バックアップデータは以下に保存されています。
必要に応じてFTPなどでダウンロードしてください。

MySQL 5.1
の場合
出力先ディレクトリ /virtual/userdata/mysql/
出力先ファイル名 YYYYMMDDhhmmss.sql
※ YYYY=西暦/MM=月/DD=日/hh=時間/mm=分/ss=秒
MySQL 5.6
の場合
出力先ディレクトリ /virtual/userdata/mysql-5.6/
出力先ファイル名 YYYYMMDDhhmmss.sql
※ YYYY=西暦/MM=月/DD=日/hh=時間/mm=分/ss=秒
MySQL 5.7
の場合
出力先ディレクトリ /virtual/userdata/mysql-5.7/
出力先ファイル名 YYYYMMDDhhmmss.sql
※ YYYY=西暦/MM=月/DD=日/hh=時間/mm=分/ss=秒)
MariaDB
の場合
出力先ディレクトリ /virtual/userdata/mariadb-10.3/
出力先ファイル名 YYYYMMDDhhmmss.sql
※ YYYY=西暦/MM=月/DD=日/hh=時間/mm=分/ss=秒
PostgreSQL
の場合
出力先ディレクトリ /virtual/userdata/postgresql/
出力先ファイル名 YYYYMMDDhhmmss.sql
※ YYYY=西暦/MM=月/DD=日/hh=時間/mm=分/ss=秒