機能別マニュアルDNSレコードの設定

レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、独自ドメイン名を設定する際にDNSゾーンを作成し、お客様にてDNSレコードを管理できます。

注意事項

  • DNSレコード設定を変更することで、サービスの一部機能がご利用いただけなくなったり、メールやホームページの運用に予期しない問題が発生する可能性があります。
    ご注意ください。
  • 「標準ドメイン名」はDNSレコードの設定ができません。
  • 「Zenlogicホスティング Powerd by Alibaba Cloud」では、メール機能をご提供していません。
    お客様ドメイン名のメールサーバーに関するDNS(MXレコード等)の参照先を、Zenlogicホスティングに設定しないようご注意ください。
    (該当ドメイン名宛てのメールが届かなくなります。)

DNSレコードの追加

1設定画面にアクセス

「ドメイン設定」画面で、追加対象の設定の「DNSゾーン編集」ボタンをクリックします。

設定画面にアクセス
2設定メニューを選択

「DNSレコード追加」ボタンをクリックします。

設定メニューを選択
3DNSレコード情報を設定

各項目を入力/選択し、「追加」ボタンをクリックします。

DNSレコード情報を設定
レコードタイプ 追加するDNSレコードの種類をご選択ください。
A/CNAME/MX/NS/TXT/SPF/AAAA/SRV の各レコードに対応しています。
その他の
設定項目
レコードタイプによって異なります。
ホスト名や値は、半角英数字でご入力ください。
一度に設定値を複数登録する場合は、1行ずつ改行してください。

「www.ドメイン名 」でホームページを公開する方法

1. 以下のいずれかの方法で、DNSレコードを追加します。

CNAMEレコードで設定する場合 レコードタイプ CNAME
ホスト名 www
設定値 対象ドメイン名
Aレコードで設定する場合 レコードタイプ A
ホスト名 www
設定値 お客様のご利用サーバーのIPアドレス

2. 「ドメイン設定」で「www.ドメイン名」のドメイン設定を追加します。
追加方法は以下をご参照ください。

対象ドメイン名 www.ドメイン名
DNSゾーン 作成しない
WEB機能 利用する
メール機能 利用しない
4設定完了

設定が正常に行われると、完了メッセージが表示されます。

※ 設定が反映されるまで時間がかかる場合があります。

設定完了

DNSレコードの編集

DNSレコードの設定はいつでもご変更いただけます。

1設定画面にアクセス

「DNSゾーン編集」画面で、変更対象のレコード設定の「編集」ボタンをクリックします。
現在の設定が表示されますので、必要に応じて設定を変更します。

※ 設定が反映されるまで時間がかかる場合があります。

DNSレコードの編集

DNSレコードの設定削除

1削除対象の設定を選択

「DNSゾーン編集」画面で、削除対象のレコード設定にチェックを入れ「削除」ボタンをクリックします。
確認メッセージが表示されますので、確認後に削除を行います。

※ 設定が反映されるまで時間がかかる場合があります。

DNSレコードの設定削除