機能別マニュアルアクセス解析

レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、無料でご利用いただけるアクセス解析ツール「Webalizer」をご提供しています。

解析結果はサーバー上のディレクトリにHTML形式で保存され、ブラウザでご確認いただけます。

Webalizer の詳細はこちら(英語)

ご提供仕様

  • 初期状態では設定されていませんので、ドメイン名ごとに設定を追加してください。
  • サーバーに設定されているドメイン名ごとに、ログファイルをベースにした解析結果をご確認いただけます。
  • 対象のログはアクセスログ/SSLアクセスログ(SSLサーバー証明書をご契約時のみ)となります。
  • 複数のドメイン名でアクセス解析をご利用になる場合は、ドメイン名ごとに異なる出力結果の保存先を指定する必要があります。
    解析実施時に指定ディレクトリが存在しない場合は、自動的に作成されます。
  • 出力結果の保存先に指定するディレクトリ名に「usage」はご利用いただけません。

    ※ ディレクトリの作成およびログファイルの出力先として指定することは可能ですが、解析結果をWEB上で表示することができません。

  • 指定したディレクトリに「index.html」が存在する場合は、上書きされます。
    また、解析が正しく実施されない場合があります。
  • 初めて設定を行った当日は、存在するすべてのログ(前日分まで)をアクセス解析対象とします。
    翌日以降は前日分のログをアクセス解析対象とします。
  • アクセス解析の失敗時はcronログに出力されます。
  • ログファイルが空の場合、解析結果ファイルは出力されません。
    また、解析対象ドメイン名が削除などにより存在しない場合も、ログファイルが空の状態の扱いとなります。
  • 解析結果の保存先ディレクトリは、第三者でもURLに直接アクセス可能な状態になっていますので、必ずアクセス制限によるセキュリティ対策を実施してください。

解析結果の保存先ディレクトリの設定手順

1カスタマーポータルにアクセス

Zenlogicカスタマーポータルにログインし、「コントロールパネル」メニューから対象のサービスを選択します。

カスタマーポータル ログイン

カスタマーポータルにアクセス
2メニューを選択

「WEB」→「アクセス解析」メニューをクリックします。

メニューを選択
3設定メニューを選択

「アクセス解析設定追加」ボタンをクリックします。

設定メニューを選択
4解析対象などの選択/設定

各項目を入力/選択し、「保存」ボタンをクリックします。

注意事項

  • 解析結果の保存先ディレクトリは、WEBコンテンツを設置されていない空のディレクトリをご指定ください。
    指定されたディレクトリ内に「index.html」を設置されていますと、解析結果ファイルに上書きされます。

    ※ 解析処理が正常に実施されない可能性もあります。

  • 出力結果の保存先に指定するディレクトリ名に「usage」はご利用いただけません。

    ※ ディレクトリの作成およびログファイルの出力先として指定することは可能ですが、解析結果をWEB上で表示することができません。

解析対象などの選択/設定

対象ドメイン名

現在 Webalizer の設定が行われていないドメイン名が表示されます。

新しく Webalizer による解析を開始するドメイン名をご選択ください。

解析データ保存先

解析結果のデータの保存先をご選択ください。

※ 解析結果はこちらで設定したディレクトリにブラウザからアクセスすることでご確認いただけます。

5設定完了

設定が正常に行われると、完了メッセージが表示されます。

注意事項

解析結果の保存先ディレクトリは、第三者でもURLに直接アクセス可能な状態になっていますので、必ずアクセス制限によるセキュリティ対策を実施してください。

WEBアクセス制限

設定完了

設定の削除

アクセス解析のご利用を終了する場合は、こちらの手順で設定を削除してください。

解析結果のデータの保存先を変更したい場合も、一度この操作でディレクトリの削除を行った後に再度設定します。

※ 解析の設定を削除しても、解析結果のファイルは削除されません。
必要に応じてFTPなどで削除してください。

1削除対象の設定を選択

「アクセス解析」画面で、削除対象の設定にチェックを入れ、「削除」ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されますので、確認後に削除を行います。

設定の削除