機能別移行手順/前後比較メール転送/自動返信設定

Zenlogicでは、メール転送/自動返信機能を引き続きご提供します。
現在の設定は引き継がれますので、ご安心ください。

移行前/後 機能比較

自動返信の仕様が変更となります

同一の送信元から1日の間に複数のメールが届いた場合は、自動返信メールの送信は1回のみとなります。

※ 移行元サービスは回数制限ありません。

転送条件の設定が可能に

すべてのメールアカウントでメール転送の条件設定をご利用いただけるようになりました。

特定の条件に合致するメールのみ転送するなどの運用が可能になります。

さまざまな設定と組み合わせ可能に

これまで別々でご提供していたメールアカウント/メール転送/自動返信/メールフィルター/フォワードを、すべて一括設定可能になりました。

転送条件や自動返信だけでなく、メールフィルターなどもご利用いただけます。

また、サーバーにメールを保存する設定に変更することで、転送専用からメールボックスを持つメールアカウントに切替えられますので、さまざまな運用に対応可能です。

詳細は以下をご参照ください。

機能別マニュアル - メールアカウント詳細設定

移行対象のデータ/設定

転送用メールアドレスの設定

転送用
メールアドレス

メールアカウントとして登録します。

※ 登録されたメールアカウントは、サーバーにメールを保存しない設定になっています。

※ 現在設定されている「postmaster@ドメイン名」「webmaster@ドメイン名」も同様に移行します。

転送先
メールアドレス

転送用メールアドレスに現在設定されている転送先です。

※ 転送条件は設定されていない状態になります。

コメント

×

コメント欄は移行対象外です。

自動返信メール設定

Fromアドレス

移行元サービスの自動返信メールの差出人のメールアドレスです。

サブジェクト

移行元サービスの自動返信メールの件名です。

本文

移行元サービスの自動返信メールの本文です。

複数のドメイン名での運用

移行元サービスでマルチドメイン/バーチャルドメインにより複数のドメイン名を運用されている場合は、何も設定を変更しなければ以下のような挙動になります。

必要に応じて、設定を変更してください。

  • 同じアカウント名でドメイン名の数だけアカウントを作成します。
  • 基本ドメイン名のアカウントに、それ以外のドメイン名に届いたメールを転送する設定になります。

※ 【サービス切替えの場合】
2017年10月17日以前に切替えを行われた場合、基本ドメイン名以外に登録されたメールアカウントは、サーバーにメールを残さない転送専用アドレスとして設定されます。

※ 【契約切替えの場合】
2017年10月17日以前に確認環境のお申込みを行われた場合、基本ドメイン名以外に登録されたメールアカウントは、サーバーにメールを残さない転送専用アドレスとして設定されます。

切替えのタイミングで必要と思われる作業

メールアカウント設定の確認

メールアカウントとして移行された情報を確認し、必要に応じて設定を変更してください。

機能別マニュアル - メールアカウント詳細設定

データや設定の確認

契約切替えのお客様へ

確認環境には、確認環境をご提供開始時点のデータをコピーしています。
それ以降にコンフィグレータで追加/変更された内容は、契約切替え時には引き継がれません。

必要に応じて設定の移行を行ってください。