機能別移行手順/前後比較Cloudmark Authority for ASP

Zenlogicでは、Cloudmark Authority for ASP に代わる迷惑メール(スパム)判定機能を、標準(無料)でご提供しています。

スパムメールの自動判定機能には、アンチウイルス/アンチスパムソフト「Dr.WEB」を採用しています。

「Dr.WEB」の詳細はこちら

Zenlogicサービスサイト – 迷惑メール(スパム)対策

移行前/後 機能比較

スパムメールの自動判定機能

Cloudmark Authority for ASP と同様の挙動になります。
受信メールをすべてスキャンし、スパムメール判定されたメールのヘッダに判定結果の情報を付加します。

ただし、付加される情報の文字/内容が異なります。

  Zenlogic (Dr.WEB) Cloudmark Authority for ASP
メールの件名に付加される情報 [SPAM]メールタイトル [UBE-FSJudge]メールタイトル
メールのヘッダに付加される情報 X-Drweb-SpamState: yes

X-UBE-FSJudgement-Rate: 100

※ 数字は迷惑メール度を示す数値

自動判定対象のメールアカウント

一部コースを除き、Cloudmark Authority for ASP では、コンフィグレータで判定対象のメールアカウントを選択する作業が必要でした。

Zenlogicでは、登録数に関係なくすべてのメールアカウントが、自動判定の対象になります。

判定結果のコントロール (ブラックリスト/ホワイトリスト)

スパムメールの判定は自動で機械的に行われるため、必要なメールがスパムメールとして判定されたり、その逆の場合もあります。

ZenlogicのDr.WEBでは、お客様にてブラックリスト/ホワイトリストを登録することで、判定結果のコントロールが可能になります。

※ リストはすべてのメールアドレスに共通で適用します。

ブラックリスト スパムの判定対象として設定するメールアドレスのリストです。
ホワイトリスト スパムの判定から除外するメールアドレスのリストです。

移行対象のデータ/設定

Zenlogicでは、スパム対策を全メールアカウントに標準でご提供しております。

切替えのタイミングで必要と思われる作業

メール振り分け設定の変更

現在、Cloudmark Authority for ASPの迷惑メール度判定結果を元に、メールソフトの自動振り分け機能によってメールを選別されている場合は、設定変更が必要です。

お手数ではございますが、前述の情報を元にメールソフトの設定変更を行ってください。

※ 設定方法はご利用のメールソフトのマニュアルなどをご参照ください。

ブラックリスト/ホワイトリストの設定

判定結果をコントロールしたい場合は、ブラックリスト/ホワイトリストを適宜設定してください。

機能別マニュアル – ウイルス/スパム対策