お支払い・お手続き登録者情報の正確性確認について

gTLDドメイン名で所定のお手続きを行った際、正しい登録者情報(Registrant)が登録されているか確認が行われる場合があります。
正確性確認が実施された場合、所定の期日までに作業が完了しないと「ICANN」の規定により対象ドメイン名が凍結され、メール送受信やWEBサイトの公開に影響が出ますので、必ずご対応ください。

正確性確認とは

弊社はドメイン名情報を管理している「ICANN」公認のレジストラであり、レジストラ認定契約(通称「RAA」)を締結しています。

RAAの締結には、ICANNが定める情報管理ポリシーを遵守する必要があります。

この情報管理ポリシーに従い、特定の手続きなどを行った際に、ドメイン名の登録者(Registrant)情報に含まれるメールアドレスに対し、有効なものかどうかを確認する作業(正確性確認)が必要になります。

正確性確認の対象ドメイン名

COM / NET / ORG / BIZ / INFO / NAME / MOBI / ASIA

※ 日本語.com/.net/.biz/.asia を含みます。

※ JPドメイン名は本件に関係ありません。

正確性確認の対象となる条件

ドメイン名に関するお手続きを行った場合

以下のお手続きが完了した際に、正確性確認が実施されます。

  • gTLDドメイン名の新規登録
  • gTLDドメイン名のレジストラ変更(他社からZenlogicへの変更)
  • gTLDドメイン名の登録者情報(Registrant)変更

ドメイン名の更新案内メールがエラーとなった場合

gTLDドメイン名の有効期限が近づいた際に、ドメイン名の登録者(Registrant)のメールアドレス宛に送信される「ERRP」のメールが、エラーで届かなかった場合に、正確性確認が実施されます。

Zenlogic FAQ – ERRPとは何ですか?

正確性確認の内容について

「ドメイン名の登録者名(Name)」と「メールアドレス」の組み合わせの正確性を確認します。

正確性が確認できた登録者名とメールアドレスの組み合わせで別のドメイン名を新規登録した場合は、すでに正確性が確認できているため、再度正確性を確認することはありません。

正確性確認の手順

正確性確認の流れ

前述の正確性確認が実施される条件を満たしている場合、ドメイン名の登録者(Registrant)情報に含まれるメールアドレスに対し、以下のようなメールが送信されます。

送信先 現在設定されているgTLDドメイン名の登録者(Registrant)メールアドレス
送信元 support@do-reg.jp
件名 【重要】[Doレジ]ドメイン情報認証のお願い

メールに記載されているURLにアクセスするだけで、確認作業は完了します。

※ 完了メールなどは送信されません。

正確性確認の期限

正確性確認のためのメール送信から15日以内に確認作業を実施してください。

※ メールの送信から「10日後」「13日後」の時点で正確性確認作業が実施されていない場合、ドメイン名の登録者(Registrant)メールアドレスにメールが再送信されます。
最初のメール送信から15日以内という期限に変更はありませんので、早めに正確性確認を実施してください。
また、対象ドメイン名の契約情報を保有するビジネス会員の通知メールアドレス宛に、正確性確認実施のお願いメールが送信されます。

※「ERRP」エラーによって正確性確認が開始された場合は、正確性確認メール送付の翌日に対象ドメイン名の契約情報を保有するビジネス会員の通知メールアドレス宛に、その旨がメールで送信されます。

正確性確認のメールを受信できない場合

すでに利用されていないメールアドレスが登録者(Registrant)メールアドレスに登録されている、などの理由で正確性確認のメールを受信できない場合は、ドメイン名の登録者情報変更(名義変更)でメールアドレスを変更してください。

gTLDドメイン名の名義変更

※ お手続きの際には、変更前/後のメールアドレスで承認作業が必要になりますが、変更前のメールアドレスが受信できない場合、FAXなどでの承認作業も可能です。ドメイン名の登録者情報変更(名義変更)申請後、当社までご連絡ください。

※ 承認作業が正常に完了した時点で、正確性確認も行われたとみなされますので、改めて確認作業を行う必要はありません。

正確性確認が完了しなかった場合

期限内に確認作業や、メールアドレスの変更による承認作業などが完了しない場合、対象ドメイン名が一時的に凍結された状態になり、そのドメイン名を利用したメールやホームページの利用ができなくなります。

カスタマーポータルでは、以下のように表示されます。

例)トップページ

※ 対象ドメイン名の契約詳細画面にも同様のメッセージが表示されます。

トップページ

凍結されてしまった場合は、以下のいずれかの対応を実施してください。

現在の登録者(Registrant)メールアドレスが利用できない場合

ドメイン名の登録者情報変更(名義変更)でメールアドレスを変更し、メールを受信可能なものに変更します。
承認作業が正常に完了した時点で、正確性確認も行われたとみなされ、凍結状態が解除されます。
gTLDドメイン名の名義変更

現在の登録者(Registrant)メールアドレスが利用できる場合

正確性確認メールの再送を弊社にご依頼ください。
再送されたメールに対して確認作業を実施することで、凍結状態が解除されます。

なお、登録者(Registrant)メールアドレスのドメイン名が凍結対象で、かつ、Zenlogic管理のドメイン名の場合は、一時的に該当ドメイン名の凍結状態が解除され、再送メールが受信可能な状態となります。
その状態で正確性確認のメールを受信し、確認作業を実施してください。

お客様へのお願い

ドメイン名に関するお支払い・お手続きを円滑に実施いただくためにも、ドメイン名の情報は正確で新しいものをご登録ください。
gTLDドメイン名の名義変更
gTLDドメイン名の情報変更