各種お手続き設定担当者と権限の割当

Zenlogicでは、契約者(ビジネス会員)とは別にサービスの設定のみを行う権限を、「設定担当者」として第三者に付与することができます。

例えば、契約に関する内容は契約者が管理し、ホームページの作成を依頼する外部の制作会社に、レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」の管理やドメイン名、SSLサーバー証明書の設定を直接お願いする、という場合にご利用いただけます。

  • 設定担当者は、契約者からの招待および招待された担当者の承諾が必要です。

    招待された設定担当者の承諾などの手順は、以下をご参照ください。

    設定担当者による操作

  • 設定担当者が操作できるのは、権限が割り当てられたサービスのみです。
    権限が割り当てられていないサービスや、契約に関する操作(サービスのお申込み、契約内容の変更など)はできません。
  • 設定担当者は1つのサービスに複数設定できます。
    また、1人の設定担当者に複数のサービスの設定権限を割り当てることも可能です。

設定担当者と権限の割当

設定担当者 割り当ての流れ

  1. 契約/対象者の選択【契約者】

    設定担当者を割り当てる契約を選択し、割り当てる担当者に招待メールを送信します。

    ※ この送信先メールアドレスが、設定担当者の「担当者ID」になります。

    ※ 複数の契約、複数設定担当者を一括で設定できます。

    ※ 招待の取り消しや再送も可能です。

  2. 招待メール確認【設定担当者】

    招待メールに記載のURLにアクセスします。

  3. 担当者情報の登録【設定担当者】

    設定担当者としてカスタマーポータルにアクセスするための情報(パスワードなど)を登録します。
    登録手順は以下をご参照ください。

    設定担当者による操作

    ※ 設定担当者を拒否することも可能です。

  4. 設定担当者として利用開始【設定担当者】

    登録が完了するとカスタマーポータル/コントロールパネルなどへのアクセスが可能になります。

設定担当者 割り当ての流れ

設定担当者の追加/割当

1カスタマーポータルにアクセス

Zenlogicカスタマーポータルにログインし、「会員/契約管理」→「設定担当者一覧」メニューを選択します。

カスタマーポータル ログイン

カスタマーポータルにアクセス
2メニューを選択

「設定担当者一覧」タブの「担当者の新規追加/権限割当」ボタンをクリックします。

メニューを選択
3対象サービスを選択

「契約の選択」の「選択」ボタンをクリックします。

対象サービスを選択

今回設定担当者を割り当てる契約の「選択」ボタンをクリックします。
「選択済」に対象の契約が表示され、問題ないことが確認できれば「追加」ボタンをクリックします。

対象サービスを選択
4対象の担当者を選択

「設定担当者」の項目で、以下の内容を設定します。

これまで設定権限を割り当てたことがない担当者を新しく追加する場合は、「メールアドレス」「識別名」の各項目を入力し、「追加」ボタンをクリックします。

※ 「識別名」は、カスタマーポータルに表示する上でわかりやすい任意の名前を自由に設定できます。

すでに登録/権限割り当て済みの担当者を選択する場合は、「選択」ボタンをクリックします。

対象の担当者を選択

今回設定担当者を割り当てる担当者の「選択」ボタンをクリックします。
「選択済」に対象の担当者が表示され、問題ないことが確認できれば「追加」ボタンをクリックします。

対象の担当者を選択
5メッセージを入力

招待メール内に表示するテキスト(メールの意味や依頼内容)を自由に入力します。
入力が完了したら「確認」ボタンをクリックします。

メッセージを入力
6内容の確認

確認画面が表示されますので、設定内容に問題がなければ「送信する」ボタンをクリックします。

内容の確認
7招待の完了

招待の送信が正常に行われると、完了メッセージが表示されます。
招待された担当者のメールアドレスあてに、招待メールが送信されます。

招待の完了

担当者の招待状況

「設定担当者」として招待した担当者の招待/承認状況は、「担当者招待状況」タブでご確認いただけます。

担当者招待状況

招待メールの再送

招待メールがうまく届いていない、などのケースでメールの再送が必要な場合は「再送」ボタンをクリックします。

招待の中止

設定担当者への招待を中止する場合は、「割当中止」ボタンをクリックします。
確認メッセージが表示されますので、確認後に招待の中止を行います。

招待した担当者による拒否

招待メールを受信した設定担当者が招待を拒否した場合は、「状態」欄が「拒否」となり、「割当中止」ボタンの代わりに「削除」ボタンが表示されます。

招待の再送や担当者の削除などを、必要に応じて実施してください。

設定担当者の削除

設定担当者を削除し、設定権限の割り当てをやめる場合は、設定担当者の削除を行います。

1削除対象の設定担当者を選択

「設定担当者一覧」画面で、削除対象の担当者にチェックを入れ、「削除」ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されますので、確認後に削除を行います。

設定担当者の削除