初期設定ガイドSTEP4 ホームページを公開する

「ホームページ」を公開するには

インターネットでビジネスを拡大をするためには欠かせない「ホームページ」。

レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、お客様が作成されたホームページを広くインターネット上に公開することができます。

「ホームページ」を公開するには

ホームページのデータを準備しておきましょう

ホームページを公開するには、サーバーにお客様にて作成されたホームページデータ(HTMLファイルや画像ファイル)を、FTPというツールで転送(アップロード)する必要があります。

※ サーバーに転送するHTMLファイルや画像ファイルは、お客様にてご準備ください。

「FTPアカウント」の作成方法

ホームページのデータをサーバーに転送する、「FTP」ツールの設定を行います。

カスタマーポータルの、「コントロールパネル」メニューから対象のサーバーを選択します。

カスタマーポータル ログイン

カスタマーポータルにアクセス

「FTP」>「FTPアカウント」メニューをクリックします。

メニューを選択

「FTPアカウント登録」ボタンをクリックします。

設定メニューを選択

各項目を入力/選択し、「登録」ボタンをクリックします。

FTPアカウント情報を入力
FTPアカウント

FTPに接続するためのIDです。

  • 3文字以上64文字以内でご入力ください。
  • 半角英小文字/数字/-(ハイフン)/@(アットマーク)/_(アンダーバー)/.(ピリオド)」がご利用いただけます。
  • 簡易ファイル共有機能のログインIDで使用されている文字列はご利用いただけません。
  • ドメイン名の一部などをFTPアカウントに使用するのは避けてください。
パスワード

FTPに接続するためのパスワードです。

  • 8文字以上64文字以内でご入力ください。
  • 半角英大小文字/数字/記号/スペースがご利用いただけます。(利用可能文字の詳細はこちら
  • FTPアカウントと同じ文字列はご利用いただけません。

※ 英数字記号をすべて含むパスワードを設定いただくことをおすすめいたします。

※ 設定されたパスワードは、ファーストサーバではお調べできません。ご注意ください。

コメント

「誰が使うのか」「どういった目的で使うのか」など、自由にメモとしてご利用いただけます。

  • 64文字以内でご入力ください。
ホーム
ディレクトリ

FTPアカウントでログインした場合にアクセスできる最上位のディレクトリです。
特定のディレクトリより上の階層のディレクトリにはアクセスできないようにしたい場合に設定します。

  • 「/virtual/」ディレクトリ以下の任意の場所をご設定いだだけます。
  • 任意のディレクトリを設定したい場合は、事前にディレクトリを作成していただく必要があります。

※ 本設定画面上でディレクトリの作成はできません。

設定が正常に行われると、完了メッセージが表示されます。

設定完了

「FTPツール」の設定方法

サーバーにFTPアカウントの登録ができたら、実際にファイル転送ソフトを使ってホームページのデータをアップロードしてみましょう。

ここでの設定例はWindows版の「FFFTP」を使って、安全性確保のために暗号化通信を使用する手順をご案内します。

その他のFTPソフトや設定方法はこちらをご参照ください。

ファイル転送ツール「FFFTP」をダウンロードしておきましょう

ファイル転送ツールFFFTPを、以下のサイトからダウンロードし、インストールしてください。

FFFTP(エフエフエフティーピー)プロジェクト日本語トップページ - OSDN

FFFTPを起動し、「接続」>「接続」を選択します。

設定メニューを選択

「ホスト一覧」画面で、「新規ホスト」ボタンをクリックします。

新規ホストの作成

「基本」タブの各項目を入力/選択します。

設定情報を入力
ホストの設定名 任意のホームページ名などを入力
ホスト名 標準ドメイン名(ファーストサーバ提供)
ユーザー名 コントロールパネルで登録したFTPのアカウント名
パスワード/フレーズ FTPアカウントに対するパスワード

「拡張」タブの【PASVモードを使う】をクリックします。

パッシブモードの設定

「暗号化」タブの【FTPS(Explicit)で接続】をクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

暗号化の設定

新しく設定したホストの情報を選択し、「接続」ボタンをクリックします。

サーバーに正常に接続できれば、設定完了です。

設定完了

実際にホームページのデータをFTPでアップロードして、設定が正しく行われているかをテストします。

FFFTPでローカルのデータをホストの「/virtual/htdocs/default」のフォルダ※にアップロードします。

※ 標準ではこのディレクトリが初期フォルダになります。
ドキュメントルート(フォルダ)の変更方法は以下をご参照ください。
機能別マニュアル - WEBドメイン設定

設定のテスト

ファイルのアップロードが終わったら、ホームページが正しく表示されるか確認します。
実際に、WEBブラウザのアドレス欄にURLを入力して、ホームページが表示されることをご確認ください。

(例)http://ドメイン名/ファイル名

以上で「ホームページ」を利用するための設定作業は終了です。
次は、ホームページの安全性を高める「SSLサーバー証明書」の設定です。
STEP5:SSLサーバー証明書の設定