ドメイン基礎知識レジストラ変更とは?

レジストラ変更とは?

レジストラ変更とは、今使っているドメイン名はそのままで、ドメイン名の管理業者を変更することをいいます。
ドメイン名の種類により「レジストラ・トランスファー」「指定事業者変更」と呼んだり、「レジストラ移管」と呼んだりもします。

レジストラ変更

ドメイン名の登録を行うと、ドメイン名は「レジストラ」と呼ばれるドメイン名管理業者で管理を行います。
※JPドメイン名の場合は「指定事業者」で管理されます。

レジストラで行う主な内容は以下の通りです。

  • ドメイン名に関する登録・更新手続き
  • ドメイン名に関する料金の支払い
  • ドメイン名の情報変更
  • ネームサーバーの登録
  • Whois情報の公開

レジストラ変更をするとこれらはどうなるでしょうか。
レジストラ変更を行うと、ドメイン名の管理を新しい業者に変更することになりますので、ドメイン名に関する手続きや処理はすべて新しい業者側で行うことになります。

世の中には多くのレジストラがありますが、レジストラ選定の主なポイントは以下の通りです。
ドメイン名はホームページやメールの利用には欠かせないものです。
安心して管理を任せられる業者を選定しましょう。

レジストラ選定ポイント

  • レンタルサーバーと連携する!
    レンタルサーバーとドメイン名は、別々の業者で運用管理ができますが、同じ業者に一本化することで、管理がよりスムーズに行えます。
    Zenlogicでは他社で管理しているドメイン名の管理をZenlogicへ移す「レジストラ変更」に対応しています。
  • ドメイン名の料金と管理コストで選ぶ!
    ドメイン名が利用できなくなると、WEBサイトが見れなくなったり、メールが使えなくなったり、ビジネスでは機会損失や損害に繋がる可能性があります。
    ドメインの費用以外に、更新忘れの防止や、管理の手間を考え、トータルでのコストメリットを考えるとよいでしょう。
  • 安心のサポート、日本語対応!
    レジストラは世界中に多数存在します。「価格で選んだら海外の業者で、手続きはすべて英語・・・」という場合もあります。
    サポートや管理画面が日本語に対応していると安心して運用ができます。

ポイント!

レジストラ変更を行うには、レジストラごとに条件や手続きが異なります。
具体的な手続きは、現在のレジストラと新しいレジストラの両方にご確認ください。
ドメイン名の管理をZenlogicに変更する場合の手順はこちら

ドメイン名の取得・管理ならZenlogicにおまかせ!

「Zenlogic」は、ドメイン名の登録、更新、管理に関する代行サービスをご提供しています。

Zenlogic

お問合せ窓口

ファーストサーバ株式会社は、2019年4月1日をもちまして、
株式会社IDCフロンティアとなりました。

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またIC-1~4、AW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン

\オンラインor直接相談できる!「クラウド導入相談会」好評実施中/

クラウド導入相談会



Pagetop