レンタルサーバー基礎知識パソコンとサーバーはどこが違うの?

パソコンとサーバーはどこが違うの?

パソコンもサーバーも、コンピュータを使っているという点では同じです。
では、どこが違うのでしょうか?

パソコンとサーバーの違い

パソコンとサーバー

まず、パソコンとは「パーソナルコンピュータ(personal computer)」を略した言葉で、簡単にいうと「個人用のコンピュータ」のことです。「PC」や「クライアントPC」などと呼ぶ場合もあります。

パソコンには「Windows10」や「Mac OS X」などのオペレーティングシステム(以下、OS*1)がインストールされており、個人利用に適した設定がされています。デスクトップ型やノート型などさまざまな形態があり、コンピュータを個人でも手軽に利用できることが特長です。

パソコンにはOSがインストールされており、個人利用に適しています

では、サーバーはどうでしょうか。
サーバーは自身がもっているデータやサービスなどを他のコンピュータ(クライアント)に提供する役割を担っています。そのため、サーバーには高い処理能力、安定性、信頼性が求められます。
それらの役割を十分に果たすことができるように、サーバーには専用のマシン(*2)やOSを利用します。
サーバー専用のOSには「Linux」や「Windows Server」などがあり、サーバーの用途によって環境を構築して利用します。
このように、パソコンとサーバーでは利用用途や目的が違うので、マシンやOSを使い分けて利用しています。

1OS:Operating System(オペレーティングシステム)の略。
コンピュータ機器の管理・制御を行ったり、キーボードやマウスなどから入力した情報をアプリケーションに伝える役割を果たす。

2マシン:コンピュータのこと。
仮想マシン、Linuxマシンなどがある。

サーバーにも専用のOSがあり、高い処理能力などが求められます

お問合せ窓口

ファーストサーバ株式会社は、2019年4月1日をもちまして、
株式会社IDCフロンティアとなりました。

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またIC-1~4、AW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン

\オンラインor直接相談できる!「クラウド導入相談会」好評実施中/

クラウド導入相談会



Pagetop