SSL基礎知識SSL/SSLサーバー証明書とは?

SSL/SSLサーバー証明書とは?

SSLの役割

SSL(Secure Socket Layer)は、インターネット上でやりとりされるデータの「盗聴」「改ざん」「なりすまし」を防止するための暗号化プロトコル(通信方法)です。
SSLには『暗号化通信』と『実在証明』という、大きな2つの役割があります。その二つを総称してSSL/SSLサーバー証明書と呼ばれます。

SSLの役割

1暗号化通信

SSLを利用すると、データの暗号化通信が可能になります。
インターネット上でやりとりされるデータを、悪意のある第三者に見られないよう複雑に暗号化します。
フォームに入力されたクレジットカード番号・住所などの個人情報を「盗聴」やデータの「改ざん」から守り、安全に通信することができます。

暗号化通信

2実在証明(サーバー証明書)

SSLを利用すると同時に「サーバー証明書」が利用できるようになります。
信頼ある認証局(CA)によって運営者の実在性が証明がされるので、悪意のある第三者が偽のサイトを作る「なりすまし」を防止することができます。
また、サイトの利用者はブラウザに表示される鍵マークから証明書に記載された運営者情報を確認できます。

実在証明(サーバー証明書)

SSLの確認方法

多くのウェブサイトは「http」で始まりますが、SSLサーバー証明書を使っているサイトのURLは「https」で始まります。サイトの利用者は、まずURLを見るだけでそのサイトが信用に値するかどうかを判断できるというわけです。

SSLの確認方法

そのほかにもいくつか見分ける方法が存在します。
例えば、ブラウザのアドレスバーや、画面の端に表示される鍵マークです。
SSLサーバー証明書を導入しているサイトを表示している時、ブラウザには鍵のマークが表示されます。
この鍵マークをクリックすると、証明書が表示され、証明書の有効期限やサイトの運営者情報が確認できます。

SSLの確認方法

また、EV SSL証明書「SureServer EV証明書」という世界統一の厳格な認証基準で発行される、現状最も信頼性の高いSSLサーバー証明書が存在します。
このサーバー証明書を導入しているサイトにアクセスするとブラウザのアドレスバーが『緑色』に表示されます。(※ブラウザによって見え方が異なります。ブラウザごとの見え方はこちら。) 従来の一般的な証明書を導入していれば『白色』、フィッシング詐欺等の危険があると判断されたサイトは『赤色』に表示されます。
利用者側はサイトの安全性の高さが一目で確認できるほか、企業側もセキュリティに対する意識の高さをアピールすることができます。

SSLの確認方法

お問合せ窓口

ファーストサーバ株式会社は、2019年4月1日をもちまして、
株式会社IDCフロンティアとなりました。

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またIC-1~4、AW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン

\オンラインor直接相談できる!「クラウド導入相談会」好評実施中/

クラウド導入相談会



Pagetop