SSL基礎知識1つのサーバーで複数の証明書が使える、SNIって?

1つのサーバーで複数の証明書が使える、SNIって?

サーバーとSSLサーバー証明書の関係

従来のSSLの仕組みでは、1つのサーバーに複数のドメイン名を設定できても、SSLサーバー証明書は1つしか設定できませんでした。
そのため、複数のサイトを1台のサーバーで運営していた場合、フォームやアンケートなどのSSL化されたコンテンツに移動すると、SSLサーバー証明書で設定しているドメイン名(URL)に変わってしまうことがありました。

SSLの役割

なぜこのようなことが起こるのか。
原因は従来のSSL通信技術とそれを受け取るサーバーの仕組みにあります。
従来のSSL通信は、はじめにサーバー(IPアドレス)に設定されたSSLサーバー証明書に対して通信経路を確立させ、その中でデータをやり取りしているため、SSLサーバ証明書は設定された1つしか利用すること出来ないのです。

SSLの役割

しかしこれでは、先のとおりSSL化されたコンテンツに移動するたびドメイン名(URL)が変わってしまい、ユーザーに不安を与えかねません。

そこで登場したSNI (Server Name Indication)という技術によって、1台のサーバーでも複数のSSLサーバー証明書が利用できるようになったのです。

SNIで解決!証明書の複数利用

SNIの登場で変わったこと、それは1つのサーバーで1つしか使えなかったSSLサーバー証明書が、ドメイン名(URL)単位で利用できるようになったことです。

SSLの役割

仕組みとしてはSSL通信時にドメイン名を通知することで、サーバー側がどのSSLサーバー証明書を利用すべきか判別するのです。
これによって、1台のサーバーでもドメイン名の数だけSSLサーバー証明書の利用が可能になり、URLが途中で変わってしまう心配や、SSLサーバー証明書ごとに別々のサーバーを用意するといった手間やコストの負担が軽減されました。

SSLの役割

SNI利用の注意点

いいことばかりのSNIに思えますが、一部の古いブラウザでは対応されないなど利用の際に少し注意が必要です。
また、ドメイン名に対して通信を確立するSNIは、ドメインごとにSSLサーバー証明書(独自SSL)の取得と設定が必要です。「SSLサーバー証明書の種類と違い」でご紹介したように、独自SSLは、共有SSLと違い信頼性が高い分、取得に手間やコストが掛かるのでその点も忘れないようにしましょう。

[標準独自SSL]業界大手のシマンテックグループ発行の高信頼証明書が0円!

常時SSLとSNI

コスト削減という意味では、SNI自体はすごく新しい技術というわけではありません。
ではなぜ今、SNIがこれほど話題になっているのでしょうか。

常時SSLとは?」でもご紹介したとおり、インターネットに関わるデバイスや通信技術の発展はめざましく、それに比例してインターネット上のセキュリティリスクも急激に進化しています。
SSLサーバー証明書は一部のセキュリティ上重要なコンテンツのために使うもの、という認識はいまや危険とさえいえます。

サーバー上にある複数のサイトを全て暗号化することも可能なSNIという技術。
サイトの価値を高め、企業の信頼を守るために、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ZenlogicのSNI機能詳細

SSLの役割

お問合せ窓口

「Zenlogic」を
ご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

お問合せの前に

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」を
ご利用中のお客様

こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またプラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータルログイン

ファーストサーバの
その他のサービスを
ご利用中のお客様

その他のレンタルサーバーのサービス情報や、移行についてのご案内はこちらをご覧ください。

サービス移行案内



Pagetop