ドメイン名のお乗換え他社管理 汎用JPドメイン名の場合

他社で管理されている汎用JPドメイン名を、Zenlogicに変更するお手続きです。

※ Zenlogicで新たな登録者情報を発行し、そこにドメイン名を移転するお手続きになります。

汎用JPドメイン名の場合の乗換えイメージ

サービス内容

対象ドメイン名 汎用JPドメイン名
日本語汎用JPドメイン名
お手続きの内容 ドメイン名移転
ドメイン名の有効期限 現在の有効期限が引き継がれます。
お手続きの費用 無料
お手続きにかかる日数 10日程度

お申込みにあたって

  • 以下の条件に合致しているドメイン名について、ドメイン名移転のお申込みが可能です。
    ※ ドメイン名の状態は、Whois情報でご確認ください。

    1. 対象ドメイン名の有効期限日まで29日以上ある
      ※上記より有効期限日までの日数が短い場合は、現在の指定事業者で更新手続きを行い、Whois上の有効期限が更新された後、お申込みください。
    2. 対象ドメイン名が係争中でないこと
    3. ドメイン名がレジストラ変更を受付けられる状態であること
      ※以下の状態のドメイン名は、お申込みいただけません。
      - To be suspended (廃止申請が行われたドメイン名)
      - uspended (廃止されているドメイン名)
  • Zenlogicへのドメイン名移転後も、ネームサーバー情報は変更されません。
    必要に応じて、お客様にてカスタマーポータルよりネームサーバー情報を変更してください。
    注意ください。

お手続きの流れ

汎用JPドメイン名の場合の手続きイメージ

1お申込み手続き (お客様 → Zenlogic)

Zenlogicカスタマーポータルより、ドメイン名のお乗換え(お引越し)をお申込みください。

お申込み方法は、以下をご参照ください。

サポートサイト - ドメイン名のお引越し

ドメイン名を入力後、ドメイン名の現在の管理状態に応じて、お申込みサービス名(指定事業者変更IN/レジストラ変更IN/移転IN/管理窓口変更 のいずれか)が表示されます。

2ドメイン名の移転申請 (Zenlogic → JPRS)

お申込みいただいた際の情報を元に、上位団体:JPRS に申請手続きを行います。

3移転確認 (JPRS → 変更元)

対象ドメイン名の変更元の指定事業者に、JPRSからドメイン名移転の確認が行われます。

4移転確認 (変更元 → ドメイン名利用者)

対象ドメイン名の利用者に、変更元の指定事業者からドメイン名移転の確認が行われます。

※ 確認方法は指定事業者により異なります。詳細は変更元指定事業者にお問合せください。

5承認/不承認の連絡 (ドメイン名利用者 → 変更元)

ドメイン名の移転を実施して問題なければ、ドメイン名利用者から変更元の指定事業者に「承認」の旨をご連絡ください。

※ 不承認の連絡をすると、ドメイン名の移転は行われません。

6移転確認結果の報告 (変更元 → JPRS)

対象ドメイン名の変更元の指定事業者からJPRSに対し、ドメイン名利用者の承認結果が回答されます。
承認された場合は、JPRSで対象ドメイン名の指定事業者がZenlogicに変更されます。

7移転結果の通知 (JPRS → Zenlogic)

ドメイン名の移転が承認/実施されたら、Zenlogicにその旨の通知が行われます。

8ドメイン名の移転完了連絡 (Zenlogic → お客様)

ドメイン名の移転が完了したら、Zenlogicからお客様にメールでご連絡します。
メールの到着時点で、ドメイン名の移転は完了し、Zenlogicでドメイン名の管理が可能な状態になっています。

※ 不承認となった場合は、変更元の指定事業者へ不承認理由をご確認ください。

お問合せ窓口

ファーストサーバ株式会社は、2019年4月1日をもちまして、
株式会社IDCフロンティアとなりました。

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop