用語集「バックボーン」

インターネットバックボーン / バックボーンネットワーク / 基幹回線網 / コアネットワーク

サーバー/インフラ

バックボーンとは、原義で「背骨/基幹」を表し、ネットワークの中枢部分を指す言葉です。

主にインターネットなど大規模な通信ネットワークにおける、拠点間や事業者間、国家間、あるいは集線装置間などを結ぶ高速・大容量の通信回線網のことをいいます。

その種類や規模はさまざまあり、オフィスなどに配備されるLAN(有線/無線)や、企業の拠点間を結ぶ広域通信網(WAN)、携帯電話網で基地局間を結ぶ地上の通信回線網、インターネットサービスプロバイダ(ISP)間を結ぶ通信回線網などもバックボーンと呼ばれます。

バックボーンから各端末・機器、利用者・加入者へ結ぶネットワークは、ネットワークの種類や規模によって呼び方が変わり、「アクセスネットワーク(電話回線網、携帯電話網など)」や、「ワークグループネットワーク(企業内LANなど)」、「ネットワークエッジ(ネットワークの末端)」などと呼ばれます。

関連ワード

おすすめサービス

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、大容量・高速ネットワークのYahoo! JAPANのIaaS型クラウド基盤を採用しているので、ディスク容量、CPU/メモリなどのリソース拡張が可能です。(1TB~最大2TBまで拡張可能)
ビジネスの拡大や利用状況の変化に合わせて、運用できます。

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またAW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop