用語集「ハブ/スイッチングハブ」

HUB

サーバー/インフラ

ハブとは、イーサネットのネットワーク通信において、複数のネットワーク機器同士で相互通信するために接続する集線装置のことをいいます。複数のコンピュータをLANで接続する時などに利用し、複数のLANポートを搭載しています。

よく、ルーターと混同されますが、OSI参照モデルのL2(第2層 - データリンク層)を接続するのがハブです。これに対し、ルーターはL3(第3層 - ネットワーク層)での接続で使用されます。
ハブは定義上、L2(データリンク層)の接続ポイントなので、IPネットワーク以外も接続できます。このため、ハブ自体にはDHCPサーバー機能(IPアドレスの自動割り振り機能)は付いていません。

ハブには、単純にすべてのLANポートに受信したデータを転送する「リピータハブ」と、受信したデータの宛先を自動的に判別し、送る必要があるポートのみに転送ができる「スイッチングハブ」があります。しかし、「リピータハブ」は、ひとつのポートに入ったデータが全てのポートに通信されるので、複数のポート間の同時通信ができません。

また、必要以上のデータが送られることになるので、ネットワーク上にデータの混雑を引き起こしてしまい、通信速度を低下させる原因になるとして、最近ではネットワーク負荷低減のため「スイッチングハブ」が一般的になっています。

関連ワード

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またAW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop