用語集「ハイパーバイザー」

仮想化ソフト

サーバー/インフラ

ハイパーバイザーとは、コンピュータの仮想化技術によりバーチャルマシン(仮想マシン)を実行するため制御プログラムのことをいいます。

OSより「上位の制御プログラム」を指します。
ちなみに、OSは「スーパーバイザー」と呼ばれるアプリケーションプログラムの実行を管理するプログラムと位置づけられます。

ハイパーバイザーは、物理的なマシンの中に、バーチャルマシン(仮想的なコンピュータ)を作り出し、実行する際に使用します。これにより、物理的なマシンの中に複数の仮想環境を構築し、それぞれの環境にOSを並列で実行することができます。

さらに、CPU/メモリも仮想環境ごとに分けることも可能です。
OSよりも上位の層のプログラムで実行されるので、仮想化を実現するためのOSを必要としません。

関連ワード

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またAW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop