用語集「メモリ」

記憶装置 / ストレージ

サーバー/インフラ

メモリとは、IT分野においては、「記憶装置」という意味になります。

「記憶装置」とはデータを記憶し保存する装置のことで、コンピュータの基本的な構成はこのメモリとCPU(中央処理装置・プロセッサー)の2つの装置で成り立っています。

メモリはCPUが処理を実行するための作業スペース(作業場所)のことで、同時に開いて作業のできるソフトの最大値を示します。

よく机の広さとして例えられ、机が広ければ広いほど本など広げられるように、メモリがたくさん搭載されているほど、複数のソフトや大容量のアプリケーションなどを実行することができます。

メモリと言えば、CPUなどのプロセッサーが直接読み書きすることのできる主記憶装置(メインメモリ)のことを指すケースが多く、主記憶装置にはコンピュータ内部でCPUがソフトウェア実行に必要なプログラムやデータが記憶・保管されています。

また、プログラムやデータなどを永続的に保存するのには、フラッシュメモリや外付けハードディスクなどの補助記憶装置(外部記憶装置/ストレージ)が利用されます。

広義の意味では、CD、DVDなども補助記憶装置に含まれます。

関連ワード

おすすめサービス

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、大容量・高速ネットワークのYahoo! JAPANのIaaS型クラウド基盤を採用しているので、ディスク容量、CPU/メモリなどのリソース拡張が可能です。

ビジネスの拡大や利用状況の変化に合わせて、運用できます。

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」

関連リンク

レンタルサーバー基礎知識

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またAW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop