用語集「ミラーリング」

Mirroring / ミラー化

サーバー/インフラ

ミラーリングとは、データやディレクトリ構造を別の場所(ストレージ)にリアルタイムでまったく同じようにデータ複製を行うことをいいます。単純にデータをコピーすることをミラーリングという場合もあります。

ハードディスクドライブ障害の対策として、ローカルのディスクドライブに同一の内容を記録することを「ディスクミラーリング」といい、外部デバイスへの日次バックアップとの2重でのバックアップ体制を整えることで、万が一の時に復旧しやすい状態を作り出します。

サーバー運用においては、障害などもしもの場合に備えての冗長化の手段として、「ミラーリングサーバー」と呼ばれるサーバーを用意することがあります。
冗長性の確保だけでなく、インターネットでの高アクセス時の負荷分散や、ネットワーク上の距離が近いコンピュータからデータを取り寄せることでデータ転送速度の短縮にも効果が期待できます。

関連ワード

おすすめサービス

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、バックアップをお客様データを格納する本番システムのサーバーとは異なるサーバー筐体で行うのはもちろん、管理及びシステム構成も異なるバックアップシステムによって、毎日1回データを取得し、3世代分のデータバックアップをしています。

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またプラン1~7、AW-1~4をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop