用語集「死活監視」

モニタリング / ネットワークモニタリング / ネットワーク監視 /生死監視 / ping監視

サーバー/インフラ

死活監視とは、コンピュータやシステムが正常に動作しているかどうか外部から継続的に調べること、また、そのような調査を自動化したソフトウェアやシステムなどのことをいいます。

「モニタリング」や「ネットワーク監視」という呼び方もされます。

死活監視の方法としては、コンピュータやシステムに外部から365日24時間ネットワークを通じて一定間隔で特定の信号やパケットデータなどを送り、そのレスポンスから対象機器の状況を確認するなどの手法が用いられます。

一般的には対象が動作しているかどうかのみを調査し、その詳しい内部状態などは調べないことが多いです。

死活監視で一定時間レスポンスがない場合は対象が機能を停止しているとみなし、あらかじめ管理者が設定しておいたルールに従って、メールなどで担当者に連絡したり、自動的に再起動させたりします。

関連ワード

おすすめサービス

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、24時間365日体制でサーバーの稼働状況の監視を行っています。

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またプラン1~7、AW-1~4をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop