用語集「PaaS」

パース

サーバー/インフラ

PaaS(パース)とは、クラウドサービス(パブリッククラウド)の利用形態のひとつで、ソフトウェアを構築および稼動させるための土台となるプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供・利用する形態です。

プラットフォームとは、アプリケーションソフトウェアが稼動するためのミドルウェアやOSなど指します。

「Platform as a Service」の頭文字をとってPaaSと呼ばれており、例として、アプリケーション開発環境のGoogle App Engineなどが挙げられます。

PaaSの利点としては、アプリケーションの開発前段階で必要となるプラットフォーム環境の準備(サーバー構築/OSインストール/ネットワーク設定など)にかかる時間を大幅に省略できるという点と、アプリケーション開発後のプラットフォーム環境のメンテナンス(サーバー負荷に応じたリソース増強/OSアップデート対応など)にかかるコスト削減が可能になるという点にあります。

PaaSを利用すれば、プラットフォームにかける設定を開発者自身で行う必要がなく、PaaSのシステム設計に沿った方法でアプリケーション開発に専念できるので、コストを抑えつつ、より早くシステム開発を行えます。

関連ワード

関連リンク

クラウド基礎知識

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またプラン1~7、AW-1~4をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop