用語集「RAID」

Redundant Arrays of Inexpensive Disks

サーバー/インフラ

サーバーやコンピューターを構成する部品の中で、障害が起こる可能性が最も高いのが、データを保存しているハードディスクです。

大切なデータをハードディスクの障害から守るために提唱されたのが、RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks:安価なドライブを組み合わせることで冗長性を持たせる仕組み)です。

専用のハードウェアやソフトウェアを使用して、複数台のハードディスクに分散してデータを記録することで、データの信頼性を高めつつ高速化を実現し、障害が発生してもサーバーの運用を維持し続けるための仕組みです。

耐障害性や冗長性、データの書き込み方法などから、RAID 0~RAID 6までの7種類の実装方法(レベル)が存在し、複数の実装方法の組み合わせも可能です。

RAID 0、RAID 1、RAID 0とRAID 1を組み合わせたRAID 10、RAID 5、RAID 6、が主に利用されます。

【RAIDの主な実装方法】

RAID 0 1つのデータを複数のハードディスクに分割して同時に記録する。(ストライピング)
RAID 1 1つのデータを複数のハードディスクに同時に記録する。(ミラーリング)
RAID 5 複数のハードディスクにデータと誤り検出のための情報(パリティ情報)を分散して記録する。
RAID 6 複数のハードディスクにデータと複数の誤り検出のための情報(パリティ情報)を分散して記録する。

関連ワード

おすすめサービス

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」では、初期費用0円、1ヶ月2,970円~(特別プランは1ヶ月890円)で、マネージドレンタルサーバーがご利用いただけます。

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」

関連リンク

レンタルサーバー基礎知識

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またAW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop