用語集「SaaS」

サース

サーバー/インフラ

SaaS(サース)とは、クラウドサービス(パブリッククラウド)の利用形態のひとつで、ソフトウェア(主にアプリケーションソフトウェア)を、インターネット経由で必要な機能を必要な分だけサービスとして提供・利用する形態のことをいいます。

「Software as a Service」の頭文字をとってSaaSと呼ばれています。例として、WEBメール(Gmailなど)や、オンラインストレージ(Dropboxなど)が挙げられます。

SaaSの利点としては、ユーザー側でコンピュータに導入したりシステム構築する必要がないので、短期間での利用が可能な点や、利用した期間や量だけサービス料を支払うことになるので、設備投資にお金をかけることなく利用料金だけのコストで運用できる点にあります。

また、ユーザー数や処理量の急な増減にも対応しやすく、常に最新のソフトウェアが利用できる点もメリットです。
しかし、簡単に利用できる分、ソフトウェアのカスタマイズはできません。

また、SaaSは従来からあるASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)とも、本質的には変わりません。
従来のASPと本質的には同じですが、マーケティング的な観点では新しい位置づけとして、新しい名称で呼ばれています。

関連ワード

関連リンク

クラウド基礎知識

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またAW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop