用語集「仮想専用サーバー」

VPS / バーチャルプライベートサーバー

サーバー/インフラ

仮想専用サーバーは、1台のサーバーを仮想的に分割して複数の環境を作成し、その環境は専用サーバーと同じように、1ユーザー(レンタルサーバーなら契約者)で占有して利用する形態(サービス)のことです。

例えて言うと、住居内には共用部分のないマンションのようなものです。

メールやWEBなどで利用するディスク領域、CPUメモリ、ネットワークなどのリソースは、ユーザーの環境ごとに個別に割り当て、その範囲内であればユーザーが完全に占有でき、専用サーバーと同等の機能・能力を発揮します。

運用/管理も専用サーバーと同程度の自由度が確保されているため、1台の専用サーバーを所有しているように取り扱うことが可能です。

共有サーバーと専用サーバーの両方のメリットを兼ね備えています。

【仮想専用サーバーのデメリット】

  • サービスによってはサーバーの運用/管理に自由度があり、ユーザー側も専門知識が必要なため、導入の障壁は少し高いです。

【仮想専用サーバーのメリット】

  • すべてのリソースを1ユーザーで占有できるため、他のユーザーの障害などの影響を受けることはほとんどありません。
  • 設定の自由度やスペックの高さなど、性能の範囲内であれば、大規模なWEBサイトやサービスなどの高負荷な運用にも対応可能です。
  • 専用サーバーよりもかなり安価で、共有サーバー並の価格のものもあります。
  • サービスによってはサーバーの運用/管理を提供事業者(レンタルサーバー会社など)が行うものもあるため、レンタルサーバーの初心者などにも扱いやすいものになっています。

関連ワード

おすすめサービス

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」は、一般的な仮想専用構造のサーバーとは異なり、専用サーバーのような高い独立性を実現しながら、ディスクはもちろんCPU/メモリを自在に拡張することが可能です。

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogicホスティング」

関連リンク

レンタルサーバー基礎知識 - レンタルサーバーの種類

用語集TOPへ戻る

お問合せ窓口

お問合せの前に
「よくあるご質問」をご確認ください

よくあるご質問(FAQ)

「Zenlogic」をご契約前のお客様

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

お問合せフォーム

「Zenlogic」をご利用中のお客様

■サービスのご利用やお手続き方法、問合せ窓口についてはこちら

サポートサイト

■各種お申込みやサーバーの設定画面はこちら

※こちらからお問合せいただくと、個人情報等の入力が不要になります。またAW-1~4、AL-1~6、プラン1~7をご利用の場合は、365日の電話窓口もご利用いただけます。

カスタマーポータル
ログイン



Pagetop